塗り替えをお考えの方へ

ご自宅の壁を触って手に白い粉がつけば、塗装が劣化しているチョーキング現象が起きていると考えられます。この症状は塗料が紫外線によって粉状になり、本来の性能を発揮できない状態にあることを意味し、外壁自体にも劣化症状が及んでいる場合がほとんどです。

しかし、この現象は比較的軽微な劣化の症状ですので、このタイミングで塗り替えを行い、被害の拡大を防ぎましょう。

ヒビ割れは、振動や強風によって建物が振動することで生じます。

例えわずかなヒビ割れであっても、そこから内部に雨水が侵入すれば、昼夜の寒暖差によって内部からヒビ割れを押し広げることになるため、十分に注意が必要です。

カビや錆、コケといった汚れは、日当たりの悪い北側や日陰になりやすい場所で発生します。
これらには水分が含まれているため、外壁に傷みがあればその症状をさらに深刻化させます。そして、症状が進行すれば、少し力を加えるだけでボロボロと崩れるほど、強度が落ちてしまいます。

この症状が見られる外壁は、劣化がかなり進行していると考えられますので、早急に塗り替えを行いましょう。

下地が劣化していたり、密着不良で塗膜が剥がれたりしている外壁は、劣化が最も進行していると考えられます。この状態の外壁は、直射日光や雨風による影響を直に受けることになり、まもなく建物内部には雨水が侵入し、建物の耐久性を大きく損なうようになります。

この症状の修繕には多額の費用が必要になりますので、外壁がこの状態になる前に塗り替えをご検討ください。

室内にシミが見つかった場合、雨水が室内に達して雨漏りが起きていると考えられます。雨漏りは建物内部の柱を腐食させ、骨組みまでもろくしてしまいます。

このようになると大規模な修繕が必要になるばかりか、人体にもアレルギーのような悪影響を及ぼすことになるため、症状を見つけられた際は、当社にできるだけ早くご相談ください。